東京の質屋の利用事情

質屋の利用の仕方を最近では知らない人が多いです。ブランド品を売る店だと思っている人が多いです。

質屋と東京の関係

東京の質屋の利用事情

ブランド品をみなさん持っていますか。

私も、一生懸命お金を貯金してブランド品のカバンを購入しました。

でも、どうしてもお金が必要なときって重なってしまうんですよね。

私の場合、親しい友人の結婚式が何回も重なってしまった月。

はっきり言ってご祝儀貧乏になってしまいます。

こんなに結婚式に呼んでくれなくてもいいわ!って自暴自棄になってしまいます。

そういうときに、せっかく買ったものですが、須賀質店で引きとってもらいます。

質屋って東京に限らず、今ではブランド品を売るお店なんてイメージもあります。

けれど、実際は違うんですよね。

売るお店ではなくて、そうしたブランド品などを担保にしてお金を借りるお店でもあるんですよね。

借りたお金を返せば、担保にしたブランド品はかえってきます。

でも、多くの場合、ブランド品を持ちこむ人はお金を借りるのではなくて、ブランド品を売る目的で持ってくる人が今では多いみたいですね。

私も、質屋を東京で利用するときは売る気持ちで持ち込んでしまいますが。

質屋の本当の利用の仕方をしって驚いてしまいました。

でも、最近はそうした利用の仕方をしている人は本当に少ないみたいですね。